Open2chまとめ

「Open2chまとめ」は、2ちゃんねるまとめサイトです。

ライダイハン

【韓国軍による虐殺】ベトナムの有力日刊紙、韓国軍による民間人虐殺の過去を異例の報道=韓国ネット「韓国政府は認めるべきでない。証拠があいまい」

元スレ:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1474632025

1: ねこ名無し ★@\(^o^)/  2016/09/23(金) 21:00:25.15 ID:CAP_USER
no title

写真はベトナム・ホーチミン市の戦争証跡博物館。

2016年9月22日、韓国・ハンギョレ新聞によると、ベトナムの有力日刊紙がこのほど、ベトナム戦争当時の韓国軍による民間人虐殺事件の生存者の証言などを報じた。ベトナムの有力日刊紙が生存者の話を取り上げるのは極めて異例という。

ベトナムの日刊紙「トゥオイチェー」は11?17日の間に7回にわたり、ベトナム戦争当時の韓国軍による民間人虐殺事件の生存者の証言や活動の様子を報じた。「トゥオイチェー」はベトナムで最も多く発行されている日刊紙。

第6回では、生存者として昨年4月に初めて韓国を訪問したグエン・タン・ラン氏とのインタビューを掲載した。
ラン氏は昨年7月にビンディン省の人民議会の代表らと会った際、1000人以上が犠牲になったビンアン虐殺事件に関して、ベトナム政府が韓国政府に3つの事項を要求するよう訴えた。
1つ目はベトナムで犯した罪に対する謝罪、2つ目は生存する被害者に対する責任を果たすこと、3つ目は被害者遺族に対する責任を果たすこと。人民議会代表は昨年7月、ラン氏の要求内容を人民議会の会期に上程したという。

虐殺の生存者らが高齢化する中、ベトナムでは生存者らの証言を残すための政府レベルの努力も始まっている。
クアンガイ省のグエン・タン・プ文化通信観光庁長は、「ベトナムの全ての省が持つ情報を合わせれば、虐殺から50年となる今年中に生存者の会合を組織することができるだろう」と明らかにした。
ベトナム戦争終了後、ベトナム政府は民族の統合と和合を優先するために「過去を閉じて未来を開こう」とのスローガンを掲げた。そのため、韓国軍の民間人虐殺も「閉じなければならない過去」となっていた。
しかし、今回の「トゥオイチェー」による報道は政府の黙認のもとで行われたとみられている。虐殺から50年を迎えた今年は、ベトナム各地で犠牲者を追悼する慰霊祭が開かれた。一方、韓国政府は軍による民間人虐殺を認めていない。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。

「過ちを認めて謝罪するべき。民間人を虐殺したことは確かだ。日本がしたことは虐殺で韓国がしたことは任務遂行と言うつもり?謝罪して賠償もしよう。そうでなければ日本に堂々と謝罪を要求できない」
「アジア全体が過去の過ちを謝罪し、過去をきれいさっぱりと清算して新たな未来を開かなければならない」

「戦争中だからやむを得なかった。日本と同じ言い訳をするつもり?」
「すでに謝罪したし、被害者の証言だけでは断言できない。どこかで聞いたセリフだ…」

「韓国政府は虐殺などの問題に積極的に取り組むべき。他人に悔しい涙を流させてはいけない。韓国の品格の高さを証明するチャンスだ」
「認めていない?大統領が直接謝罪しなかったっけ?」

「ベトナムの民間人に殺された韓国の軍人もいる。韓国に謝罪を要求するなら、ベトナムも謝罪するべき」
「韓国政府は認めるべきでない。証拠があいまいで不十分だから」(翻訳・編集/堂本)

http://www.recordchina.co.jp/a151069.html

btn_next

【国際】 朴槿恵大統領に謝罪要求 「ベトナム戦争当時、数千人のベトナム人女性が韓国軍の兵士から性的暴行を受けた」

元スレ:http://yomogi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1444952061/

1: 影のたけし軍団ρ ★@\(^o^)/ 2015/10/16(金) 08:34:21.30 ID:???.net
韓国のパク・クネ(朴槿恵)大統領のアメリカ訪問に合わせて、在米ベトナム人などの団体がベトナム戦争で多くの女性が韓国軍の兵士による性的暴行の被害を受けたと訴え、パク大統領に謝罪を求めました。

韓国のパク・クネ大統領は今月13日からアメリカを訪れ、16日にはホワイトハウスでオバマ大統領と首脳会談を行う予定です。

これに合わせて、在米ベトナム人などの団体が15日、ワシントンで記者会見し、ベトナム戦争当時、数千人のベトナム人女性が韓国軍の兵士から性的暴行を受けたと訴えました。

記者会見には、被害に遭ったというベトナム人女性4人がテレビ電話で参加し、このうち60歳の女性は、家族で営んでいた商店を訪れた韓国軍の兵士から、母と自分の2人が性的暴行を受けたと訴えました。

この団体は、アメリカの新聞「ウォール・ストリート・ジャーナル」の15日付けの紙面に広告を掲載し、訪米中のパク大統領に対し、被害者に公式に謝罪するよう求めています。

no title

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151016/k10010271961000.html

btn_next

【ライダイハン】「ベトナム戦争の退役韓国軍人 殺戮暴いた新聞社に突撃し破壊!」 ライダイハンをもっと拡散するべきだな 隣の国がこんなに気持ち悪い民族だなんて不幸すぎる

元スレ:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1396567442/

201403191

1: ぱぐたZ~時獄篇◆FdDsU0B5ivx5 2014/04/04(金)08:24:02 ID:GIZhi417p
民間人に大量の銃弾を浴びせ、若い女性は強姦後に殺害――。ベトナムで残虐の限りを尽くした韓国兵の蛮行について、本誌は前号、前々号と2度にわたって現地からのレポートを掲載し、大きな反響を得た。

日本の読者に衝撃を与えたのも無理はない。そもそも、当の韓国社会でさえ、その事実が知られるまでには、多くの時間を要した。
きっかけは、ベトナム戦争終結から24年後の1999年5月、ハンギョレ新聞社が発行する週刊誌『ハンギョレ21』(1999年5月6日号)が行なった報道だった。ベトナム通信員として活動していた韓国人の女性研究者が、ベトナム当局から資料を入手し現地取材と生存者への接触を重ね、韓国軍による殺戮の実態を白日の下に晒したのである。この記事が当時、韓国社会に与えた衝撃はすさまじいものがあった。

同誌はその後も定期的に続報を打ちキャンペーンを張ったが、新聞やテレビなど大メディアによる後追い報道はほぼなかった。
自国の暗部を暴いたことで保守層から大きな反発を招いたからだ。特に、ベトナム戦争に参加した退役軍人たちは同誌に対し、猛烈な抗議活動を行なった。彼らの怒りが頂点を迎えたのが翌年(2000年)の6月だった。迷彩の戦闘服を着た約2400人もの退役軍人が、ソウル市内中心部にあるハンギョレ新聞社の前に集結した。

ベトナム民間人虐殺の報道が、戦友たちの名誉を失墜させた」と主張し、同新聞社を糾弾するデモと集会を開いたのだ。だが、集会後も怒りの収まらない一部の軍人たちが暴挙に出た。
角材などを振り回しながら新聞社の社屋に突撃。窓ガラスを割り、デスクやパソコンなど編集部内の物を次々に破壊していったのだ。
韓国人ジャーナリストがいう。

「彼らの狙いは新聞社の制作機能停止でした。パソコンなどだけでなく、輪転機を破壊し電力供給線も切断。新聞や雑誌の印刷を 停止させた。さらに新聞を運ぶ貨物車を炎上させたり、新聞代金の領収書の束を数千枚も積み上げ火をつけたりと暴徒と化していた。
 彼らは“ベトコン(南ベトナム解放民族戦線の兵士のこと)を民間人だというハンギョレ新聞社は赤(共産主義者)だ!”という垂れ幕を掲げていた。殺した相手は民間人ではなく、ベトコンだったと主張し虐殺を正当化したかったのでしょう。そこで、新聞社を自由主義の敵と見なし、暴挙に出たのです」

 その場にいた新聞社の記者や従業員たちも暴行を受け、10人以上が負傷。社屋は彼らによって半日間占拠され、同社の幹部らは監禁された。6000人余りの警察が投入されたことで、ようやく事態は沈静化。その後、暴力行為で4人が逮捕された。

この暴動の主体となった団体は、主にベトナム戦争の退役軍人で作られる『大韓民国枯葉剤後遺症戦友会』(以下、枯葉剤戦友会)だった。この枯葉剤戦友会は朴槿恵(パク・クネ)大統領への絶対的な支持を表明している有力な政治団体だ。
2011年に開かれた「枯葉剤戦友会14次定期総会」には、与野党の多くの政治家が自ら出席を打診した。
しかし枯葉剤戦友会から拒否され、唯一、招待された政治家が朴氏だった。


ソース:NEWS ポストセブン
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140404-00000002-pseven-kr

人気ブログランキングに参加中です。クリックで応援してね。

btn_next

【反日プロパガンダ】 捏造した日本の蛮行を告発する写真展 在韓日本大使館前で開催 反日には抗議と制裁で応えよう! 制裁しないと「タカリ」が続く

元スレ:http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1395823217/

1: 名無しさん 2014/03/26(水)17:40:17 ID:spL9l0pXB
【ソウル聯合ニュース】韓国・ソウルの日本大使館前で26日、過去の日本の蛮行を告発する写真展が開催された。

 写真展は韓国与党、セヌリ党の金乙東(キム・ウルドン)国会議員が日本の政治家らの間違った歴史認識や日本の軍国主義復活の動きを世界に知ってもらおうと企画した。南京大虐殺、生体実験など過去の日本の蛮行に関する写真120点余りが展示されている。今後は海外での巡回展示も予定している。金議員は独立運動家、金佐鎮(キム・ジャジン)の孫娘で、俳優ソン・イルグク氏の母。

 写真展を訪れた人々の表情は厳しかった。40代の韓国人女性は「人類史上、多くの戦争があったが生体実験を行い、軍人のための性奴隷として女性を動員したことはほかになかった。日本は心からの謝罪をすべきだ」と述べた。

 英国人の観覧者は「日本の戦時中の蛮行について知ってはいたが、写真を見ると実に恐ろしい。ドイツも英国も過去に犯した過ちについて謝罪したが日本は愚かにも謝罪していない」と指摘した。

 この日は旧日本軍慰安婦問題の解決を目指し、市民団体「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」が毎週水曜日に同大使館前で開催している「水曜集会」も開かれた。

 金議員も集会に出席し、写真展について「日本がどれだけ残酷なことをしたのかを知る機会なれば」と話した。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2014/03/26/0200000000AJP20140326003700882.HTML

人気ブログランキングに参加中です。クリックで応援してね。

btn_next

【韓国人が虐殺】【ライダイハン】ベトナム戦争 韓国軍による凄まじき「ゴダイの大虐殺」の証言 慰安婦の嘘が真実のブーメランとなって韓国へ戻るまでライダイハンを拡散しよう

元スレ:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1395034387/l50 

201403181








両胸をえぐり取られた上に銃撃を加えられて瀕死の21歳の女。写真撮影後に病院に徹送されたが「お母さん、お母さん…」と母を呼びながら妹達の前で息絶えた(J・ボーンアメリカ海兵隊伍長撮影)

201403182












至近距離から撃たれ前頭部を吹き飛ばされた2名の妊婦(J・ボーンアメリカ海兵隊伍長撮影)

201403183








殺害された子供(J・ボーンアメリカ海兵隊伍長撮影撮影)

201403184








韓国軍に焼かれた住民(J・ボーンアメリカ海兵隊伍長撮影)

1 :奈々氏 :2014/03/17(月)14:33:07 ID:
24hOnf40A
ベトナム南部最大の商業都市ホーチミンから、飛行機で約1時間北上するとクイニョンに到着する。南シナ海に面したこの港町は今、静かなリゾート地として旅慣れた観光客の間で人気のスポットになりつつある。
 そのクイニョンの中心地から、かつてゴダイ集落と呼ばれた農村部へと向かうと、リゾートの雰囲気は一変。
そして気付かされる。
ここがベトナム戦争時、韓国軍による「ゴダイの大虐殺」があった血なまぐさい戦場であったことを──。

 ベトナム問題に詳しいフォトジャーナリストの村山康文氏は、先月末までベトナム戦争時の激戦地を訪れた。
このゴダイ集落を訪れた時、韓国軍による大虐殺の凄まじさを知ったという。

 その集落の村のひとつ、タイヴィン村があった場所には、現在、カラフルな壁画が建てられている。
その鮮やかな色使いとは裏腹に、描かれている内容は悲惨そのもの。
軍服を着た兵士たちの銃口が火を吹き、銃弾が村人たちの体を貫く。
火あぶりにされる裸体の女性の姿も描かれており、まさに阿鼻叫喚の地獄絵図だ。

“つり目”で表現された武装した軍人たち。
彼らこそ、大虐殺の当事者である韓国軍である。
右腕には、ゴダイ集落を襲撃した「猛虎部隊」の紋章である虎が描かれている。

 集落全体では、1966年1月23日から2月26日にかけて、1004人の民間人が虐殺されたという。

 15発もの銃弾を受けながら奇跡的に生き残ったタイヴィン村のグエン・タン・ランさん(62)が、当時を振り返る。

「韓国軍が村に来たのは朝9時ごろ。
100人以上の歩兵が次々と村に入り、全25世帯、65人の村人を一か所に集合させました。
韓国兵はその中から、年頃の娘を見つけると、彼女を集団から引き離し、村人の前で輪姦を始めたのです。

 兵士たちに銃を突きつけられた娘はなす術なく、代わる代わる暴行されました。

http://www.news-postseven.com/archives/20140317_246337.html

人気ブログランキングに参加中です。クリックで応援してね。

btn_next
最新記事
記事検索
ブログランキング
アクセスランキング
  • ライブドアブログ