Open2chまとめ

「Open2chまとめ」は、2ちゃんねるまとめサイトです。

テキサス親父

【テキサス親父】「在日韓国・朝鮮人へのヘイトスピーチを禁止するなら、アメリカ人への暴言も禁止しろ。沖縄のプロ活動家は中国の手先」 『本当に在日韓国・朝鮮人はガンだわ。 』

元スレ:http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1407826171/

1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2014/08/12(火)15:49:31 ID:GRFcgBhCl
201408144

ハ~イ! 皆さん!

前回、韓国人がトップを務める国連がいかに欺瞞に満ちているのかを話した。
その国連の人権委員会が7月25日、日本に対してこんな勧告をしたんだ。

「慰安婦に金を払え、謝れ」

 何より笑えるのが、連中はこうも勧告したんだ。

「ヘイトスピーチ(憎悪表現)など人種差別を助長する行為を禁止しろ」

なぜ笑えるかって?
ありもしない「性奴隷」に金を払って謝れっていうことこそ、日本に対する「ヘイトスピーチ」だからだぜ!

 だったら俺にも禁止させなければいけないヘイトスピーチがある。

「ヤンキー・ゴー・ホーム!」「ファック・ユー!」
──これらはアメリカ市民であれば、決して認めることはできない差別表現だ。
 ところがそれを他ならぬアメリカ人に向かって叫んでいる連中がいると聞いた。しかも沖縄の米軍基地で働いている兵士に向かってだぜ!
それだけでも許しがたいのに、基地に住む兵士の妻子にまで、聞くに堪えない汚らしい言葉を投げかけているっていうんだ。
泣きながら「日本が嫌い」と言いだす子供もいるというぜ!

 まさに問題とすべき「憎悪表現」だよな。どうしてリベラルメディアはこのことを取り上げないのか不思議でならないぜ。

 俺は、そんな連中と話し合うために、彼らが集まる普天間基地のゲートに行ってみた。そこでは活動家がメガホンを片手に叫び続けていた。
「普天間飛行場反対」ってな。こうした連中に共通することがあるんだ。一つは絶対に話し合うことをしない。
俺が語りかけると、その活動家は「暴力を受けている」ってどなり始めるんだ。

 もう一つは、絶対にできないことを主張するってことだ。
そもそも「普天間」は単独の基地じゃなく、周辺にある海兵隊の訓練施設をセットにしたものだ。
だから「普天間」だけを県外に移設することは意味がないばかりか、不可能なんだ。

 普天間飛行場は住宅街の真ん中にあって、事故が起こったら大変なことになるに決まっている。
それは沖縄の皆さんがいちばんよく理解していることだろう。辺野古移設は最も建設的な方向なのに、連中はなぜ反対するんだ?

俺は普通の沖縄の人たちと話してようやく理解できた。連中の多くは本土からやって来て、「沖縄のため」と称して反対運動をしているんだ。
不可能なことを叫ぶことで問題を混乱させている連中の背後には、「北京」が絡んでいると言われている。

 つまり、中国にとって邪魔な在日米軍を分断するプロ扇動家が連中の正体ってわけだ。
連中も左翼を名乗るなら「沖縄のため」じゃなく「北京のため」って正直に主張すべきだよな。

 沖縄と日本の本土、アメリカとの間には悲しい歴史が多くあった。
しかし、こうした歴史に縛られては北京の共産主義者の思うままにされてしまうぜ。

また会おう!米国と、日本の皆さんに神の祝福を! トニー・マラーノ

http://www.asagei.com/25534

人気ブログランキングに参加中です。クリックで応援してね。

btn_next

【テキサス親父】「日本に侵略された24か国の中で、なぜ中国と韓国が靖国神社だけに腹を立てる?バチカンには抗議しないのか?」

元スレ:http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1402479040/

1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2014/06/11(水)18:30:40 ID:igDR7LXwK
201406119a

“テキサス親父”の反日国家に黒船砲をぶち込むぜ!「文化的な人と野蛮な連中の話をしたいんだ」

ハ~イ!皆さん!

靖国神社にハングルで「犬畜生」という、許しがたい差別的な落書きが彫ってあったらしいな。
以前、放火した中国人は、本国で英雄になっているそうじゃないか。死者の魂の眠る場所を貶め、破壊する行為は文化というものを知らない野蛮な恥ずべき行為だよな。

一つ疑問があるんだ。日本は第二次世界大戦で、24カ国(22カ国とも言われる)を占領したんだ。
にもかかわらず、なぜ中国と韓国だけが靖国神社に腹を立てるんだ? 
タイ人が文句言っているのも聞こえてこないし、フィリピンは? マレーシアにインドは? 
なぜ彼らが怒っていないんだ? それは文化的だからだぜ。

俺は戦争犯罪がどうやって決まっていくのか、考えてみたんだ。

連中が問題にしている戦争犯罪者は、極東軍事裁判で有罪とされた人たち。
東京裁判と呼ばれているものなんだが、日本が第二次世界大戦時に犯した戦争犯罪事件の裁判なんだ。
当時から、さまざまな地位や立場の人たちの中で、戦勝国によって行われたその裁判自体が「疑問視」されているんだ。東京裁判は一審制で、控訴などできない非民主的な要素を持つ裁判だったからな。

たとえ裁判に疑問符が付いても、戦争犯罪の「あり」「なし」を考えれば、もちろん「あり」だ。
しかし、その理由は、日本が戦争に負けたからだと俺は考えている。
だから日本が勝っていたとしても「戦争犯罪」はあったってことになるよな。
そして、日本に、米国や英国や他の国が裁かれていただろうな。

その場合、今頃韓国はたいそうデカい顔をしていることだろう。現在の連中がやっていることから考えると、
どれほどの重罪を連合国に課すか、考えただけでもおぞましいよな。]
恐らく、言い分も聞かずに全て極刑にするんじゃないか? 「責任」として1000年にわたり金を要求し続けるんだろうよ。
つまり、これは「誰が勝ったか」って話なんだ。それが戦争犯罪の本質なんだぜ!

カトリックの総本山であるバチカンには東京裁判で死刑になった1060人の魂が祀られているんだ。
朝鮮人日本兵も含めて分け隔てることなくな。なぜ、中国と韓国は法王に文句を言わないんだ?

アメリカの「アーリントン国立墓地」には、連邦軍が敵として戦った南部連合の軍人たちも埋葬してあるんだぜ。
大統領を含め訪れる人々は分け隔てなく、祈りを捧げているんだ。
そこにはベトナム戦争の慰霊碑もある。何万人もあの戦争で亡くなったんだが、俺たちもあの国で「残虐」なことをやったんだ。ベトナムから見れば、俺たちも戦争犯罪人みたいなものだよな? 

だが、俺はベトナムの共産主義者が、文句を言ったり、慰霊碑を傷つけるなんて聞いたことがないぜ。
靖国神社もバチカンもアーリントンも魂を差別していない。これこそが「文化的」な人のあり方だと俺は思う。

今月、再び日本に行くことが決まったんだ。そこで会うことを楽しみにしているぜ!米国と、日本の皆さんに神の祝福を!

 トニー・マラーノ

http://www.asagei.com/23580

人気ブログランキングに参加中です。クリックで応援してね。

btn_next

【テキサス親父】 「反日ロビー」と戦う米国人評論家が、いま日本に伝えたいこと [03/17] 日本の為にこれほど尽くしてくれるテキサス親父に感謝します 外務省より間違いなく有能です

元スレ:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1395032735/

201403171




















1 :名無しさん 2014/03/17(月)14:05:35 ID:Sj97CNq9m
“テキサス親父”トニー・マラーノ、慰安婦像を叱る - トニー・マラーノ(評論家)
「反日ロビー」と戦う米国人評論家が、いま日本に伝えたいこと
※聞き手:大野和基(国際ジャーナリスト)

・動画サイトで「文化の衝突」を目の当たりに

大野:トニー・マラーノさんはYoutubeやニコニコ動画といった動画投稿サイトを通じて、アメリカや東アジアの歴史・政治問題について意見を発信する活動をされています。そのフランクで軽快な語り口から、日本では「テキサス親父」というニックネームで親しまれていますね。最初に、マラーノさんのご経歴についてお聞かせください。

マラーノ:私は30年間、電話会社・AT&Tの子会社に勤務し、2006年に退職しました。大学では歴史学を専攻し、そのときに日本の歴史に関心をもちました。父は第二次世界大戦の際、海兵隊の兵士として従軍しましたが、南太平洋で飛行機の修理をしていたので、おそらく誰も殺していません。ですから、あなたは日本人ですが私を責めないでください。(笑)

父が戦争から帰還したとき、日本人や日本の軍隊についていっさい悪いことを口にしないどころか、尊敬の念を抱いていたくらいです。父からそうした話を直接聞いていたので、私も日本人に対してまったく憎悪の感情はありません。むしろ、自分たちの国を廃墟から経済大国にまで立て直したことに対して、畏敬の念を抱いています。日本にはアメリカのような広大な土地がないし、天然資源もない。
ですから、日本が立ち直ったことは、国民の力にほかなりません。それは本当に誇るべきことです。

大野:歴史を専攻したことが日本の歴史に関心をもったきっかけということですが、
   もっと明確に日本のことを気にかけるようになったタイミングはありますか。

マラーノ:06年にAT&Tを退職した際、地元紙『ダラス・モーニング・ニュース』で、反捕鯨団体のシー・シェパードが日本の捕鯨船に嫌がらせをしている記事を目にしました。いままで私は、日本の捕鯨についてあまり深く考えたことがありませんでしたが、その記事を読んだとき「ちょっと待てよ。日本は多くの島から成り、その島に住む人たちは食料を海から獲っている。アジアに乗り込んで『これを食べてはいけない』と口出しするこの西洋人たちは、いったい何なんだ」と疑問に思いました。
西洋人が日本に干渉をしていることに対し、激しい怒りの感情が湧いてきたのです。
歴史上、西洋諸国は恐ろしい帝国主義的な支配をアジアで行なってきた。そしていま、この愚か者たちが、形を変えた帝国主義を掲げてアジアに戻ってきたのです。私はこれを��culinary imperialism(食の帝国主義)�≠ニ呼んでいます。

そこで私はシー・シェパードを批判する動画をネットにアップロードしました。そのビデオは日本で話題になったようですが、当初はその反響を知らず、私はさらにリサーチして次から次へと動画をアップし続けました。
私の動画には反捕鯨団体からのコメントが数多く寄せられましたが、非常に卑劣な内容で、罵倒ともいえるものでした。

一方そうした罵倒に対して、英語が書ける日本人視聴者が、丁寧ながら毅然とした態度で再反論をしてくれたのです。
私はまさにそのとき、二つの文化の衝突を目の当たりにしました。西洋文化はがさつで品がありませんが、
日本文化は丁寧で礼儀正しい。それでいて自分の立場をしっかりと弁護していたのです。

そうこうしているうちに、早稲田大学の学生から日本史についての長い資料が送られてきました。その資料から、日本の歴史について多くのことを学ぶようになったのです。同時に自分の動画が日本で注目されていることを知りました。

やがて日本の出版社(飛鳥新社)から、DVD付きの本を執筆するよう依頼がありました。いままで本を書いたことがなかったので、完成までに1年かかりましたが、担当編集者は忍耐強く待ってくれた。日本のビジネスのやり方が立派なものであると実感しました。
こうして2010年春、初の著書『テキサス親父演説集』が発売されました。


以下↓
http://blogos.com/article/82440/

人気ブログランキングに参加中です。クリックで応援してね。

btn_next
最新記事
記事検索
ブログランキング
アクセスランキング
  • ライブドアブログ