Open2chまとめ

「Open2chまとめ」は、2ちゃんねるまとめサイトです。

【アホの朝日新聞】

【アホの朝日新聞】「我々は森友加計問題について、安倍首相が関与したとは報じてない!」  ←えええ!!??w

元スレ:http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1515769503/

1: 名無しさん@涙目です。(愛媛県) [US] 2018/01/13(土) 00:05:03.89 ID:r9THsoLJ0
no title
 
小川榮太郎@ogawaeitaro
 朝日訴状(二)の「イ」に次の一文がある。
 “原告は上記両問題(森友・加計問題)について安倍晋三首相が関与したとは報じていない。”
 わかった。そうか。
 では、明日朝刊一面トップで読者に分かり易く本当のことを教えてやれ。
「森友加計問題に安倍首相の関与なし」
「読者へのお知らせ:森友・加計事件の弊紙報道について広く誤解があるようですが、弊紙は一度も両問題に安倍首相が関与したとは報じていません。
誤解を与える見出しを半年に渡り多数打ち続けたことについて、読者及び安倍首相に深くお詫び申し上げます。」
 そして下がった支持率を回収して歩け、下賤の者よ。

関連
朝日新聞は「言葉のチカラ」を信じないのか 裁判所へ駆け込む自己否定
http://www.sankei.com/affairs/news/171230/afr1712300004-n1.html
 「言葉は感情的で、残酷で、ときに無力だ。それでも私たちは信じている、言葉のチカラを」
 朝日新聞はかつて「ジャーナリスト宣言」と称する宣伝キャンペーンを展開し、新聞、テレビ、ラジオなどでこう強調していた。それが今では、信じているのは「言葉のチカラ」、つまり言論ではなく、司法となってしまったようだ。
 朝日が『徹底検証「森友・加計事件」朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』(飛鳥新社)の著者で、文芸評論家の小川榮太郎氏らを相手取って計5千万円の損害賠償訴訟を起こした件である。
 報道・言論機関である大新聞が自らへの批判に対し、言論に言論で対抗することもせず、あっさりと裁判所へと駆け込む。何という痛々しくもみっともない自己否定だろうか。
 小川氏は朝日の抗議に対し、5日付で丁寧な回答を送っていた。これについて朝日は、7日付朝刊に「回答の内容は承服できません」などと書いたのみで、25日に訴えてきた。
 それも、出版社も含めてとはいえ、巨額な5千万円という賠償請求をである。そのやり方からは、ジャーナリスト集団の矜持(きょうじ)のかけらもうかがえない。小川氏らの言論活動を封じるためには、手段を選んでいられないということか。

btn_next

【アホの朝日新聞】日本側も「1ミリたりとも合意を動かす考えはない」(菅官房長官)と硬直姿勢をとるのは建設的ではない

元スレ:http://fate.2ch.sc/test/read.cgi/seijinewsplus/1515574995/

1: (^ェ^) ★ 2018/01/10(水) 18:03:15.55 ID:CAP_USER9
2018011102

https://www.asahi.com/articles/DA3S13305833.html?ref=editorial_backnumber

 韓国政府として今後どうするのか明確な考え方が見えない。理解に苦しむ表明である。

 2年前に日韓両政府が交わした慰安婦問題の合意について、文在寅(ムンジェイン)政権が正式な見解をきのう、発表した。

 日本側に再交渉を求めない。康京和(カンギョンファ)外相が、そう明言したのは賢明である。この合意は、両政府が未来志向の関係を築くうえで基盤となる約束だ。

 ところが一方で、合意の根幹である元慰安婦らへの支援事業は変更する方針を示した。

 日本政府から拠出された10億円は、韓国政府が同額を支出し、日本の拠出金の扱いは「日本側と今後協議する」という。

 支援事業のために設立された財団の運営については、元慰安婦や支援団体などの意見を聞いて決めるとしている。

 これでは合意が意味を失ってしまう恐れが強い。合意の核心は、元慰安婦たちの心の傷を両政府の協力でいかに癒やしていくか、にあったはずだ。

 これまでの経緯に照らしても一貫性を欠く。

 日本では90年代以降、官民合同の「アジア女性基金」が償い金を出した。だが、民間の寄付が主体なのは政府の責任回避だとして韓国から批判が出た。

 今回の合意はそれを踏まえ、政府予算だけで拠出されたものだ。その資金を使って財団が支援事業をすることを否定するならば、話は大きく変わる。

 この合意が結ばれた手続きについても韓国外相の調査チームは先月、問題があったとする報告をまとめていた。その後、文大統領はこの合意では「問題解決はできぬ」と発言した。

 では、きのう表明した方針で問題が解決するかといえば、甚だ疑問であり、むしろ事態はいっそう混迷しかねない。

 何よりめざすべきは、元慰安婦のための支援事業のていねいな継続であり、そのための日韓両政府の協力の拡大である。

 その意味では日本側も「1ミリたりとも合意を動かす考えはない」(菅官房長官)と硬直姿勢をとるのは建設的ではない。

 アジア女性基金では歴代の首相が元慰安婦におわびの手紙を送ってきた。韓国側から言われるまでもなく、合意を守るためにその範囲内でできる前向きな選択肢を考えるのは当然だ。

 平昌五輪の開幕まで1カ月を切り、きのうは南北会談が板門店で実現した。朝鮮半島情勢は予断を許さない状況が続く。

 歴史に由来する人権問題に心を砕きつつ、喫緊の懸案に共に取り組む。そんな日韓関係への努力を滞らせる余裕はない。

(関連記事)

【話題】「新聞も」「テレビも」チョンだらけの歌が話題にw
http://open.ldblog.jp/archives/49794023.html

【驚愕】「TBSが在日に乗っ取られてしまった経緯」
http://open.ldblog.jp/archives/48285845.html

【ネット民震撼】TBSひるおび、サンモニ、フジめざまし‥などなどぜんぶ1つの会社が制作してると判明!『どおりでいっせいに安倍叩きはじめるわけだ』
http://open.ldblog.jp/archives/51528704.html

btn_next

【アホの朝日新聞】 また捏造 慰安婦合意、韓国政府が「安倍の謝罪を求める」方針発表を真逆に報道

元スレ:http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1515411684/

1: 名無しさん@涙目です。(アラビア) [GB] 2018/01/08(月) 20:41:24.04 ID:DJ2p5HYB0●
2018010901
 
日韓合意破棄は回避見通し 韓国、首相の慰問求める案も


韓国の康京和(カンギョンファ)外相は9日午後2時から、慰安婦問題の最終的で不可逆的な解決をうたった2015年の日韓合意をどう扱うかについて、一部を説明する。
合意の破棄や再交渉は求めない見通しだ。

安倍晋三首相らに対し、元慰安婦らを慰労するための訪問や手紙の送付など、「誠実な履行」 を求める形で事実上の追加措置を求める案が浮上しているという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180108-00000038-asahi-pol

4: 名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区) [ニダ] 2018/01/08(月) 20:42:15.64 ID:USK3FJSq0
>>1
追加措置の要求は合意破棄だろアホ朝日

7: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [TH] 2018/01/08(月) 20:43:07.33 ID:gJW5sta+0
>>1
>事実上の追加措置を求める案

これが合意違反でなくて何なんだよもう…

30: 名無しさん@涙目です。(東京都) [ニダ] 2018/01/08(月) 20:51:30.59 ID:z21RAVca0
>>1
朝日新聞はとっとと慰安婦捏造謝ってこいよ

btn_next

【アホの朝日新聞】 日本では選挙がまともに機能しない くじ引きで議員を選ぶ選挙制度にしてはどうか

元スレ:http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1508728229/

1: 名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区) [US] 2017/10/23(月) 12:10:29.42 ID:VAl/rHt30
2017103002
・吉田徹 北海道大学教授

「くじ引き民主主義の導入を」 提言した政治学者に聞く
編集委員・塩倉裕


選挙ではなく、くじ引きで自分たちの代表を決める仕組み。それを導入することで私たちは民主主義を強化できる、と吉田さんは訴えた。
 引き金は地方選挙の「形骸化」だった。2015年に行われた統一地方選挙では、町村議選での無投票当選者の割合が21%に増えた。
投票の洗礼を受けずに議員になる例が常態化しつつあるのだ。

また、議員のなり手不足に苦しむ高知県大川村は今年、議会を廃止して代わりに有権者が直接審議する「町村総会」の設置を検討し始め、全国に衝撃を与えた(後に作業を中断)。

 いま地方選挙の現場で目撃されているのは「選ぶという行為の空洞化」だと、吉田さんは話す。
「選択肢がない状態では、選ぶという行為は意味を失う」

http://www.asahi.com/articles/ASKBM2RC1KBMUCLV002.html

btn_next
最新記事
記事検索
ブログランキング
アクセスランキング
  • ライブドアブログ